ベビーサークル

ベビーサークルに扉は必要?ドアがあって本当に良かった理由を解説します

ベビーサークル は扉付きと扉なし、どっちを選ぶ?

赤ちゃん用に、ベビーサークルを探している方へ。

って、必要なのかな?

ドア付きのベビーサークルは、少しだけお値段も高くなります。

購入を迷っている方もいるのでは?

結論から言うと、扉はあった方がいいです!

「扉付きを買って良かった!」という経験がたくさんありました。

そこで、今回は「扉が付きで良かった」瞬間を交えながら、扉付きベビーサークルの魅力をレビューしていきます!

ベビーサークルに扉は必要なの?

繰り返しになりますが、ベビーサークルを検討しているなら、ぜったいに扉があった方がいいです。

理由は、3つあります。

  • 扉があると、子供が楽しめる
  • 大人の出入りがラクになる
  • 将来的に「ベビールーム」として使える

扉があると、子供が楽しめる

我が家の子供は、ベビーサークルを買ったころから、扉が大好きです。

毎日、扉に腰掛けてくつろいでいます。

ベビーサークル自体、あまり変化のないものなので、扉があるだけで、赤ちゃんの興味を引くパーツになります。

子供は、大人がドアを開け閉めしている所を、いつも見ているもの。

ベビーサークルの扉は、子供の大好きなアイテムになるはずですよ!

大人の出入りがラクになる

「大人だったら、サークルをまたいだらいいのでは…?」

と思うかもしれません。

そうは言っても、おもちゃを片付けたり、マットを掃除したりする時、扉があると出入りがラク。

散らかることが多いベビーサークルだからこそ、ドアがあると便利ですよ!

将来的に「ベビールーム」として使える

大きくなって、ベビーサークルから出たくなったら、扉を開けて「ベビールーム」として使うことができます。

ベビーサークルはお値段もするので、少しでも長く使いたいもの。

「ベビールーム」としてだったら、子供が成長しても使うことができますよ。

子供は囲まれた空間が好き。喜んで遊んでくれますよ!

ベビーサークルに特有の悩みも、扉で解決できます

  • ベビーサークルに入りたがらない
  • ベビーサークルに入ると泣く
  • ベビーサークルをよじ登る

大きくなるにつれて、こんな悩みが出てきます。

ところが、我が家では「ドアを開放する」ことで、全て解決することができました。

サークルに入りたくないのは「自分で出られない場所だ」と思っているからみたい。

出られると分かれば、サークルに入ることを嫌がらなくなりました。

ベビーサークルに「よじ登る」行為も、サークルから「出たい!」「入りたい!」という気持ちの現れのよう。

ドアを開けることで、サークルの壁によじ登ることもなくなりました。

ちなみに、我が家では、1歳3ヶ月からドアを開放して出入り可能に。

急に、ひとり遊びも上手になりました。

ちょっと目を離したい時は、その時だけドアを閉めればOKなので、この方法はとても効果がありましたよ!

扉付きなら、Caraz(カラズ)のベビーサークルがおすすめ

ドア付きのベビーサークルならカラズがおすすめです

「Caraz」は、ベビー用品で人気の韓国ブランド。

使いやすさや、見た目のかわいさから「ベビーサークル」の中でも、特に人気があります

Carazの扉なら、使い勝手も良いですよ!

扉は、どちらの方向にも90°開きます。
また、指を挟まないように丸みを帯びた作りになっています。

カラズのベビーサークル の扉は使いやすいです

取手はシンプルな作りですが、安全性はしっかりしています。

カラズのベビーサークル の扉は使いやすいです

つまんで引っ張りながらでしか開かないので、子供はぜったいに開けられません。

毎日、何回も開け閉めしていますが、壊れることなく、耐久性はとても高いです。

丈夫でシンプルな作りのCarazは、おすすめのベビーサークルです!

まとめ:長く使いたいなら「扉付き」がおすすめ

いかがでしたか?

ちなみに、私の場合「扉あり」で後悔したことは、一度もありません。

「扉があって良かった」と思うことばかりでしたよ!

ベビーサークルの「扉あり」「扉なし」でまだ迷っている方。

  • ベビーサークルを長く使っていきたいなぁ
  • 将来「ベビールーム」として使用できるかなぁ
  • 子供の興味を伸ばす子育てをしたいなぁ

こんな風に考えていたら、ぜひ「扉あり」のベビーサークル をおすすめします

-ベビーサークル
-