家電

パナソニック製ドラム式洗濯機がU11エラーで故障。自力で直してみた

「ピーピーピーピーピ…」

不審な音とともに、我が家のドラム式洗濯機が停止しました。

このまま洗濯機が動かなければ、死活問題だ!

止まった原因「排水」ができなくなったこと。

超真剣に洗濯機と向き合った結果、なんとか自力で解決したので、経緯を記事にしていきます

洗濯機から排水できなくなる「U11エラー」

パナソニックドラム式洗濯機

我が家のドラム式洗濯は、パナソニック製の「キューブル(品番NA-VG1200L)」。

故障の状況は、こんな感じです。

  • 「U-11」エラー表示が出ている
  • 洗濯槽の中に、排水されない水がたまっている
  • 電源を入切しても「脱水」に進まない

洗濯機は回るのですが、必ず「脱水の前」で止まってしまいます。

どうやら、何かの理由で洗濯槽の中の水が、排水できないでいるようです。

故障の予兆

我が家の洗濯機は購入から1年半。最近調子がよくありませんでした。今思うと、故障の予兆が確かにありました。

故障の予兆

  • 仕上がった洗濯物が臭
  • 洗濯槽の中が、臭い
  • 乾燥が終わるまで時間がかかる
  • 「排水フィルター」のゴミが急増した

「U**」エラーは自力で直せるエラー

Panasonicホームページによると、「U**」は、自分で直せることが多いエラーということ。(ちなみに「H**」エラーだと、故障の可能性が高く、修理が必要になるらしい。)

「U11」エラー時にやるべきこと

「U11」エラー時にやることは、ホームページに書かれているので、さっそくためしてみます。

  • 排水ホースや排水口の流れが悪くなっていないかチェック
  • 排水口や排水フィルターのゴミを取り除く
  • 排水ホースの状態を確認する

出典:Panasonicホームページより

1.「排水フィルター」を点検

排水フィルターを取り外します。見ると、奥に水がたまっています

排水フィルターを取り外したまま放置していると、水が逆流し、少しずつ外にもれ出しました。明らかにどこかが詰まっている様子。

2.「排水ホース」を点検

ホースが折れることで、途中に水がたまって排水できないことがあるようです。

ホースを揺らして、中の水を排水させてみます。(これでは改善しませんでした。)

3.「排水口」を掃除

排水口にゴミが溜まると、水の流れが悪くなることがあるようです。

排水ホースを抜き、排水口の中を掃除して行きます。それなりのホコリがでてきます。(これでも改善しません。)

つまりを解決させた方法

「排水フィルター」を点検している時、奥に水がたまっていたので、ここを攻めてみることにしました。

排水フィルターの中

奥に排水用の穴があります。ここを探っていきます。

排水フィルターからホコリをかき出す

おそらく何かが詰まっているので、かき出す準備をします。

ちなみに、キューブルの前面の板は、右側にずらすと簡単に外せるようになっています

ドラム式洗濯機の前面の板が取り外れる

ホコリ取りに使用するのはこちらのパイプ用のブラシ。中に入れていきます。

排水フィルターの穴から直接埃を取り出します

このブラシは、ドラム式洗濯機のちょっとした困りごとにいつも登場する救世主。

強く入れるとパイプに穴が空くこともあるそうなので、慎重に差し込んでいきます。

忘れてはいけないのが、「洗濯機の下にバケツを用意しておくこと!」

さて、それではさっそく…。「ゴソゴソ」

排水フィルターの穴から直接ホコリを取り出します。

中をさぐると、少しずつホコリが絡みついてきました!ゴソゴソとやっていると、だんだん絡みつく量が増えていきます。

10回ほど差し込んだところで、大きめのホコリが取れました!

ドラム式洗濯機の排水フィルターの奥からホコリのかたまりが取れる

「このままのペースでいけば、ホコリも全部取れるかも!?

若干、楽しくなってきた矢先!

ゴゴゴ…ゴゴゴ……

ゴゴゴ…ゴゴゴ……

ゴゴゴ…ゴゴゴ……

爆音とともに、真っ黒な大量の水が、勢いよく流れ出てきました!

・・・・、バケツで命拾いした・・・。置いておいてよかった。

ギリギリまでいっぱいになったバケツの水を、お風呂で流します。

先ほどとは比べものにならない量の、山のようなホコリが出てきました(汗)

汚いので閲覧には注意してください…。

ドラム式洗濯機の中から排出されたホコリ

・・・大量のホコリとともに、全てが終わりました。

その後、元にもとして、電源を入れ、脱水してみます。

緊張の一瞬・・・。

当たり前のことを言いますが、洗濯機が回りました!

まとめ:日頃のお手入れが大事でした

今回の「U11エラー」。排水しきれなかったホコリが原因でした。

二度とこうならないために、日々のお手入れが大事なことを思い知らされました…。

こまめな槽洗浄は必須だった

洗濯槽は、思ったよりホコリまみれみたいでした。強力な槽洗浄液を使って、定期的に保守しておくのも大切です。

ホコリが全て脱色されるほど強力なクリーナー。奨励されている使用回数は年1回。エラー解消後は、しっかり使っています。

乾燥時間を短くする工夫も必要

乾燥時間が長くなることで、ホコリがどんどん発生し、つまりを増長させてしまいます。そこで、できるだけ乾燥時間を短くする工夫が必要みたいです。

電気代の節約にもなるし、押さえたいポイントです。

洗濯機の上にものを置かない

洗濯機の上、特に乾燥フィルターの上に物を置いてはいけないようです。Panasonicホームページによると、乾燥時間が長くなることの原因の1つだそう。

乾燥フィルターのお手入れは「網目」まで

ドラム式洗濯機のフィルター掃除

乾燥フィルターって、埃を取って終わりにしたくなりますが、「網目」まできれいにしておけば、空気の流れが良くなり乾燥時間も抑えられるそうです。

まとめ

今回は、我が家のドラム式洗濯機の故障の直し方をレビューしましたが、いかがでしたか?

洗濯機の故障は生活に直結するので、今回の故障は本気で困りました。

直るまで洗濯物を手絞り。洗濯機の素晴らしさを実感させられました!

日頃から家電のお手入れを怠らないことがほんと大切ですね。身に染みました。

お手入れをまとめた過去記事もあるので、参考にしてくださいね。

あわせて読みたい
【大そうじ】ドラム式洗濯機をまるっと掃除します(ホコリの取り方)

年末なので、ドラム式洗濯機をまるっと掃除していきます! 我が家では、過去に、ホコリが原因で洗濯機が動かなくなった経験をしています。 日頃のメンテナンスが本気で重要!と、身に染みましたので、しっかり掃除 ...

続きを見る

ちなみに、使ったブラシはドラム式洗濯機のホコリ取りに最適!持っておくととても便利でおすすめですよ。

-家電
-