イソップのアルコールジェルをレビュー!香りの質が圧倒的【濃度は?】

イソップ レスレクション リンスフリー ハンドウォッシュ(新名 アロマティック エクスペディエント ハンドジェル)

この記事はこんな方におすすめです

  • イソップのアルコールジェルに興味がある方
  • アルコールジェルの濃度や使用感を知りたい方
  • ボタニカルな香りが好きな方

あのイソップにもアルコールジェルがあることを知っていましたか?今回ご紹介するのは、その中の代表格。

名前は「アンドラム エクスペディエント ハンドジェル」。これだけじゃ、アルコール除菌ものだと気付きにくいですね。でも、人気があるんです。

コビト

一言で言うと、上品な香りで保湿もある「優秀なアルコールジェル」です!

そこで、今回は、使用し続けて感じた、香りや質感などについてお伝えしていきます。

また、気になるアルコール濃度は、イソップジャパンに確認していますので、ぜひ最後まで見てくださいね。

全アルコールアイテムを比較したい方はこちら

関連記事▶︎イソップのアルコール全3種を比較!使い心地をまとめてみた【濃度・香り】

アンドラム エクスペディエント ハンドジェルは、旧名「レスレクション リンスフリー ハンドウォッシュ」「イソップ アロマティック エクスペディエントハンドジェル」です。

イソップのアルコールアイテムといえば?

イソップのアルコール入りジェル「リンスフリー」のおすすめ

現在、イソップから発売されているアルコール配合アイテムは全3種類「アンドラム エクスペディエント ハンドジェル」は、シリーズの中でも最初に登場したアイテムです。

コビト

それもあり、イソップのアルコールといえばコレのイメージが強いです!

3種類の詳細▶︎イソップのアルコール全3種を比較!使い心地をまとめてみた【濃度・香り】

製品名 アンドラム エクスペディエント ハンドジェル

ブランド

Aēsop(イソップ)

商品カテゴリー

アルコール成分配合ジェル

原産国

オーストラリア

サイズ/定価

50ml / 1,045円 (税込)
500ml / 5,830円 (税込)

主要成分

マンダリンの皮・ローズマリーの葉・シダーウッドアトラス

ハンドジェルのアルコールの濃度は?

レスレクション リンスフリー ハンドウォッシュのアルコール濃度は?

イソップジャパンに確認したところ、アンドラム エクスペディエント ハンドジェルのアルコール濃度は「25%〜69%」とのことでした。

天然アルコールを使っているので濃度に差があり、あくまで化粧品として販売されているそうです。

使った感じとしては、アルコール感はしっかり感じます(直接嗅ぐと咽せる…。マネしないでくださいね。)。私が素人なりにアルコール濃度計で調べたら「60%以上」でした。

コビト

子供(2歳)とのお出かけ時の除菌としても愛用してます。「イイ匂い♪」って言って喜んでつけてくれます。

ハイレベルな香りに脱帽!【柑橘系】

レスレクション リンスフリー ハンドウォッシュは柑橘系のいい香り

香りのクオリティは圧倒的に高いです。最大の魅力と言えるくらいです。

イソップのハンドケアで展開している定番の「アンドラム」シリーズの香りです。あの大人気のハンドクリームやハンドソープと同じ高級感ある香りです。

シダーウッドアトラスや、オレンジ、ラベンダーなどが入っていて、柑橘ベースの、みんなに好かれる香りです。

コビト

マスク越しでもフワッと香るのがすごく癒し。マスク生活の気分転換になります。

仕上がりは「さらっと」?

レスレクション リンスフリー ハンドウォッシュのジェルの質感

ジェルを伸ばしていくと、さらっと仕上がりますが、少し手に残る感じもあります。

湿っていたり、手の状態次第で、指の間が少しキシむような感じの時もあります。

コビト

少し手に残る感じが、逆にサラサラしすぎなくて良いです。

もちろん、「さらっと」と言っても、ジェルでコーティングされているので、一定の保湿感があります。なので、アルコールによる乾燥は大丈夫です。

イソップのハンドクリームの併用も良し!

リンスフリーとは、ハンドクリームの相性も抜群

乾燥が気になる時期は、ジェルを揮発させた後にイソップのハンドクリームを塗っています。

特に同じ香りの「アンドラムアロマティックハンドバーム」は、香りがケンカせず、相性抜群!

仕上がりはもちろん、保湿感がアップ。しっとりしつつ、表面は「さらっと」します。

コビト

重ね塗りは質感が変わるかな?と心配してましたが、まったく大丈夫でした!

ミニボトルがやっぱりオシャレで便利!

レスレクション リンスフリー ハンドウォッシュのボトルのサイズ感を比較

サイズは、500mlと50mlの2サイズですが、ミニボトルは、手のひらに納まるサイズ感が本当にちょうど良く、持ち運びも便利

コビト

見た目もカワイイし、オシャレなので、結局、ミニボトルばかり使っています

ちなみに、500mlボトルは玄関に置くと映えますが、現在はほぼ補充用に…。お得なのは間違いないです。

流行のカラビナでのホルダー【作り方】

イソップリンスフリーにカラビナを付ける方法

街やInstagramで人気のカバン用ホルダーも、50mlのミニボトルで自作できます。

  • 「カラビナ」
  • 「Oリング」(シャワーなど水栓の繋ぎに使われるもの)

この2つを100円ショップで揃えるだけ。写真のようにボトルに付ければ出来上がりです!

まとめ:見た目と香りで差がつく!上質アルコールジェル。

「アンドラム エクスペディエント ハンドジェル」はいかがでしたか?

最後に、特徴をまとめます。

  • 使用感は「さらっと」。手に残る感じもあるが保湿感あり。
  • アルコール濃度は「25%〜69%」
  • 香りは、上質でボタニカルな柑橘系。マスク越しでも癒してくれる。
コビト

他の人が使っているのを見ても、やっぱり見た目がカッコイイです。さらに香りもオシャレ。単純ですが、使っていて気持ちが上がります。

ミニボトルは手軽に買えて、使い勝手もいいので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

合わせて読みたい
合わせて読みたい

-Aēsop, ハンドケア
-,