トリップトラップ

まずはリッチェルチェアベルトでハーネス体験を。実力も十分!【ストッケの代用にもOK】

リッチェルチェアベルト

この記事は、こんな方におすすめです。

  • 子供が椅子でじっとしなくなった
  • 食事(準備)中に余裕が欲しい
  • 育児で、猫の手も借りたい状態の方

リッチェル2WAYチェアベルトは、ハイチェアから「立ち上がり・抜け出し・転落」という、親が最も心配で不安な行動を防いでくれます。

コビト

チェアベルトのおかげで、安心して準備や食事ができるようになりました。

しかも、取り付けは簡単!座りやすさも良好です!

「そうは言っても、ほんとうに抜け出しに効果あるの?」
効果は十分にありました。このチェアベルトは、どんな椅子にも取り付けられて、子供は自分では外せないので、抜け出しや転落の不安も無くなります。

とはいえ、チェアベルトの仕組みや使い心地なども気になると思いますので、今回は、実際に我が家で使ってどうだったかを、写真を交えてレビューしていきます。

リッチェル2WAYチェアベルトで転落が防げる

子供とご飯を食べている時、どうしてもその場を離れないといけないことって結構ありますよね。例えば、

  • 宅急便が届いた
  • 子供がこぼして布巾を洗いたい
  • 自分がトイレに行きたい

目を離すのが良くないことはもちろん分かってはいるけれど、「どうしても」ってことはあります。

そんな状況を救ってくれたのが、リッチェルのチェアベルトでした。

ハイチェアから抜け出した娘

当時、我が家の娘は9ヶ月。

最近までハイチェアに大人しく座ってくれていたのに、突然、立ち上がったり、抜け出そうとするそぶりを見せ始めました。

それからは少しの目も離せなくなり、トイレはがまん。食事中ちょっと作業したい時はキッチンの横までハイチェアを持ってきたりと…。

そんなおり、一瞬の隙をついて、とうとうハイチェアのテーブルの上に登ってしまいました!

ハイチェアから抜け出そうとする子供

ハッと気が付いて落下は防げましたが、気持ちはげんなり(泣)

急いでネットで検索して「ハーネス」という存在を知り、即購入。

買ったのは「リッチェル2WAYチェアベルト」。レビューも良く、お手頃な価格で、Amazonで翌日配送しました。

これのおかげで、椅子からの抜け出しや転落の心配はなくなり、赤ちゃんを完璧に守ってくれました。

コビト

ほんの少し目を離したい時の心と時間の余裕が生まれ、日常のストレスが減りました

リッチェル2WAYチェアベルトとは?【しくみ・使い方】

ここからは、リッチェルチェアベルトの使い方をご紹介していきます。

このように、長さが調節できる付属のヒモが付いているので、取り付けたい椅子に巻き付けます。

リッチェルチェアベルトの仕様

そこに、チェアベルトの本体(ベスト)を取り付ける仕組みになっています。

リッチェルチェアベルトのベスト部分の写真

あとは、赤ちゃんを座らせ、頭からかぶせて…、

リッチェルチェアベルトの座らせ方

左右の脇の下のバックルを止めれば、装着完了です。

リッチェルチェアベルトの座らせ方

子供が装着すると、このような感じになります。

リッチェルチェアベルトに子供が座った様子

リッチェル2WAYチェアベルトの使いやすさ

子供の装着は?

ベストを頭の上からかぶせ、左右のバックルを止めるだけで、簡単に装着できます。

バックルの使いやすさ

横から見ると、バックルや長さ調節のパーツはこんな感じです。

子供が泣いていたり、急いでいたりするときに助かっています。

バックルと長さ調節パーツ部分

汚れやすさは?

チェアベルトは食事中に使うことが多く、どうしても汚してしまうことはあります。

とはいえ、撥水加工されているので、拭き取ればすぐキレイになります。

チェアベルトを嫌がらない様子

しかも、上からエプロンを付けられるので、頻繁に洗う必要もないです。
ちなみに、速乾性があるので、洗濯しても次の食事までに何とか間に合いました!

チェアベルトはエプロンを上から付けられる
コビト

頑丈なので壊れないし、ガンガン洗濯しています

実際に使ってみた我が家の実例

参考に、我が家でチェアベルトを使っている様子をご紹介します。

使いはじめ(生後9ヶ月〜)

我が家では、娘が9ヶ月のときにチェアベルトを購入。

初めは嫌がる素振りをしていましたが、思ったよりすぐに落ち着いてくれました。

リッチェルチェアベルトをつけ始めた初期の頃

椅子に座ったらチェアベルトをつけるものだと思ってくれたみたいです。

立ち上がりもしっかりガード(1歳〜)

1歳を過ぎた頃から、ハイチェアの足置きを使って立ち上がろうとすることが出てきました。

リッチェルチェアベルトからの立ち上がり防止
リッチェルチェアベルトからの立ち上がり防止

それでも、ベスト全体でしっかりガードしてくれていたので、娘もそれ以上はがんばらず。

基本的には、ご飯も集中して食べてくれました。

1歳3ヶ月からは外出用に

この頃になると、長く座っているのが嫌になってきて、体をねじったりイヤイヤ動作をすることが多くなってきました。

リッチェル のチェアベルトで後ろを振り向く姿

「もしかしてロックのされ方が好きじゃないのかな?」と思い、紐の長さを変えたりしてみましたが、どうも落ち着かない様子。

そこで、ためしに椅子(トリップトラップ)専用のハーネスを購入。椅子に付けっぱなしのタイプなので自宅用はそちらを使用。

持ち運べるリッチェルのチェアベルトは、外出用にしました折り畳めばポーチになるので、持ち運びが楽ちんです。

コビト

これで、家も外出先も安心になりました

まとめ:ハーネスとしても、お試しとしても、最適だった!

「とりあえず、ハーネスを!」という気持ちで購入したリッチェル2WAYチェアベルトですが、お値段が手頃な割に、しっかり使えて、持ち運びもできる汎用性もあり、私としては満足する商品でした

さすがに椅子専用で売っているハーネスの方が固定力や安定感はありますが、私としては「ハーネス」の実力子供が「ハーネス」を受け入れるかどうかを知れたこと、実際に半年以上しっかり子供を守ってくれたので、かなり感謝しています。

同じように、ハーネス選びに迷っている方だったらおすすめです

しっかりしているので、長く使い続けることもできますし、万が一合わなくても「お出かけ用に持っておける」という安心感もあるので、一家に1つ用意しておくのも良いと思いますよ。

合わせて読みたい

-トリップトラップ
-,