トリップトラップ

リッチェルチェアベルトの取り付け方【ストッケのトリップトラップで解説】

リッチェル2WAYチェアベルトの付け方

この記事は、こんな方におすすめです。

  • これからチェアベルトを椅子に取り付けようとしている方
  • チェアベルトについて知りたい方
  • トリップトラップや、それに近い椅子を使っている方

リッチェル2WAYチェアベルトは、赤ちゃんの転落や立ち上がりを防ぐために、好きな椅子に付けられるチェアベルト。

ただし、どんな椅子にも付けられるからこそ、付け方がよく分からないもの…。私も試行錯誤を繰り返しました。

とはいえ、とうとう「これだ!」という付け方に辿り着くことができたので、今回は我が家の「リッチェル2WAYチェアベルト」の取り付け方を解説していきます。

今回は、こちらのストッケのハイチェア「トリップトラップ」に付けていますが、似たような椅子であれば参考にしていただけると思います。

リッチェル2WAYチェアベルトの取り付け方

さっそく取り付け方を解説します。

コビト

慣れると1〜2分くらいでできます

はじめに、付属のセーフティーベルトの長さを調整します。

長さの目安としては、椅子の幅くらい。あとは、赤ちゃんに合わせて調節してあげてください。

リッチェルチェアベルトの付属ベルトをつける

次に、背もたれの間からベルトを通していきます。

リッチェルチェアベルトの付属ベルトを椅子の後ろに通す

背もたれの下の段で、いったん折り返したら、

リッチェルチェアベルトの付属ベルトを反対側から抜き出す

ベルトは前側に出してしまいます。

リッチェルチェアベルトの付属ベルトを反対側から抜き出す

こうすると、ちょうどいい感じに金具が出てくれます。

付属ベルトを前から見た様子

次にこの金具に、ベストの背中側についている金具を取り付けます

ベストの背中側についている金具を取り付ける

付け終わったら完成です。

座らせる時は、ベストはこのように椅子の後ろに垂らしておきます

座らせる時は、ベストは椅子の後ろに垂らしておく

赤ちゃんの座らせ方

次に、赤ちゃんの座らせ方です。

まずは、いつもどおりハイチェアに赤ちゃんを座らせたら、後ろに垂らしておいたベストを、頭の上から被せてあげます。

後ろに垂らしておいたベストを、頭の上から被せる
後ろに垂らしておいたベストを、頭の上から被せる

次に、左右の腕の下でバックルを止めれば、装着完了。とてもかんたんです。

左右の脇の下でバックルを止める

こちらは、1歳の娘が立ち上がろうとしているところですが、これ以上動けない感じです。

リッチェルチェアベルトは立ち上がろうとしても動けない

「体が小さい場合」の取り付け方

体が小さいうちは、ベストが大きくてフィットしないことがあります。

そこで最後に、低月齢だったり、体が小さな赤ちゃんにぴったりな取り付け方をご紹介します。

はじめに、セーフティベルトを背もたれに付けていきます。

リッチェルチェアベルトの小さい子用の取り付け方

ベルトの先は、反対側の、背もたれと背もたれの間から出します。

付属ベルトを椅子に取り付ける

この時、ベルトは下から出ている方(この場合は左)が長くなるようにしておきます。

付属ベルトを椅子に取り付ける

ここに、ベストの金具を取り付けていきます。

付属ベルトにベストを取り付ける

前からみると、このようになります。

リッチェルチェアベルトを取り付けたところ

座らせると、こんな感じです。

この付け方だと、背もたれとベストの間に赤ちゃんが挟まれるので、ブカブカにならなくていいです。

小さい赤ちゃんでもリッチェルチェアベルトは大丈夫
コビト

きゅうくつな時は、脇の長さを広げてあげればより快適に座れます

まとめ

リッチェルチェアベルトの取り付け方まとめ

いかがでしたか?

チェアベルトの取り付け方が決まっていると、洗濯や外出時に外しても簡単に取り付けられるので、とても楽になりました。

付け方は自分で考えましたが、体が小さい頃から安定して長く使えている方法なので、よろしければ、ぜひ試してみてくださいね。

合わせて読みたい

-トリップトラップ
-