ベビーチェア

トリップトラップのベビーセットの付け方は?写真で解説します!

トリップトラップのベビーセットの付け方は?写真で解説します!

トリップトラップのベビーセットの付け方を知りたいな。

トリップトラップ本体だけだと小さい赤ちゃんは座れないので、別売りのアクセサリー「ベビーセット」を取り付けてあげます。

今回は、ベビーセットの取り付け方を、写真で解説していきます!

ベビーセットは、いつからいつまで使えるの?

ストッケのホームページによると、ベビーセットの対象年齢は腰座り(6~9か月頃)から、3歳または体重15kg以下とされています。

「実際のところ」いつから使えるの?

我が家では、離乳食を開始した生後5ヶ月から、ベビーセットを使い始めました。

背中にクッションを入れるなどして使い始めたので、早めに使い始めたい方は、こちらの記事も参考にしてくださいね。

いつまで使えるの?

「いつまで」については、使用レビューを見ると、おおむね皆さん2歳を過ぎた頃から、

  • ベビーセット自体を嫌がって座らなくなったり
  • 体が大きくなってベビーセットが狭くなった

といった状況が見られ、取り外すご家庭が増えてくるようですね。我が家では2歳までもう少し!外したらレビューしますね!

【写真で解説】ベビーセットの付け方

まずは「背もたれ」から付けていきます。

「背もたれ」が、椅子の中央になるようにして、フックをひっかけ、下に押し込みます。

ベビーセットの背もたれの付け方

フックがしっかりハマるのを確認します。

ベビーセットの背もたれの付け方

背もたれが、付きました。

ベビーセットの背もたれの付け方

次に、体を囲う「ガード」を取り付けます。

左右のフックを、背もたれの脇にひっかけます。

ベビーセットのガードの付け方

そのまま下方向に倒していき…

ベビーセットのガードの付け方

座面の穴に、フックを差し込めば完了です。

ベビーセットのガードの付け方

あれ?「カチッ」と鳴らないんだけど?

音が鳴らなかったり、そもそもフックが差し込めない場合は、座面の位置が悪い場合があります。

座面の前に出る部分は「4~5センチ」です。困った時は確認してみてくださいね。

ベビーセットの取り外し方

次に、ベビーセットの外し方です。

「ガード」は、座面下のフックに手を当て、指で「奥」に押しながら、上に押し上げます。

ベビーセットの外し方

背もたれは、下の部分を押さえて上に押し上げると、外すことができます

ベビーセットの外し方

クッションをベビーセットに付ける方法

ベビーセットを使う時は、クッションも一緒に取り付けることが多いと思うので、こちらも解説していきます!

ベビーセットの「背もたれ」を付けたら、クッションの座面を敷いていきます。

ベビーセットにクッションを付ける方法

次に、ベビーセットのガードをつけていきます。この時、座面とクッションの穴の位置が合っていることを確認します。

ベビーセットにクッションを付ける方法

下に押し込めば、ガードが取り付けられました。

ベビーセットにクッションを付ける方法

続いて、背もたれ用のクッションを取り付けます。

ベビーセットにクッションを付ける方法

横のピラピラする部分は、 ガードにこんな風にはさんで、マジックテープで固定します。

ベビーセットにクッションを付ける方法

トレイの取り付け方

椅子の斜め上からトレイを差し込み…、

ベビーセットにトレイを付ける方法

少し下に力をかければ「カチっ」とくっつきます。

ベビーセットにトレイを付ける方法

クッションを一緒に使う場合は、脇の部分と、トレイの溝を合わせれば、しっかりはまります。

ベビーセットにトレイを付ける方法

ベビーセットがあれば安全なの?

離乳食に慣れてくる7~9ヶ月頃になると、椅子から出たくて、椅子に立ち上がったり、抜け出そうとする赤ちゃんがでてきます。

経験上、子供の「抜け出したい」衝動は、なかなかのものです!

ところが、残念ながらトリップトラップのベビーセットだけでは、転落を防止できません!

ただし、椅子にハーネスを取り付けさえすれば、安全にお食事することが可能。将来、困った時にはそろえてあげると良いと思います。

合わせて読みたい

まとめ

ベビーセットの取り付け方について、解説してきましたが、いかがでしたか?

お子さんとの離乳食ライフを、お気に入りの椅子と一緒に楽しんでくださいね!

-ベビーチェア
-