トリップトラップ

トリップトラップはいつから使える?5ヶ月からベビーセットに座らせました

生後5ヶ月でトリップトラップに座らせてみた

赤ちゃんの離乳食のために、ストッケ の「トリップトラップ」を用意するご家庭も多いですよね。

ところで、椅子の説明書には「生後6ヶ月から」使用できると書いてありますが、「5ヶ月」から使いたいのに…という悩みはありませんか?

私も、5ヶ月から座らせていいのか、本当に悩みました。

検索しても、はっきりとした答えがなかなか見つからない、トリップトラップの「5ヶ月問題」。

不安の中、我が家では5ヶ月からトリップトラップに座らせて離乳食を開始。

試行錯誤したので、今回は、その記録を記事にしました。子供に辛い思いをさせてしまったこともあったので、これから使う方とその赤ちゃんの参考になったら嬉しいです。

トリップトラップはいつから使えるの?

ストッケのホームページには、ベビーセットの対象年齢は腰座りした6~9か月頃からと書かれています。

5ヶ月から離乳食を始めたいけど、どうしよう…。

我が家では、5ヶ月からトリップトラップで離乳食を始めました!

低いテーブルがなく、トリップトラップに座らせるしか方法がなかった我が家。5ヶ月で腰も座っていたので、座らせてみることにしました。

5ヶ月は安定しにくいけど、使えないこともなかった

使い始めは、私も慣れないこともあって、不安定な感じでした。

座らせてみると、あっちにぐらぐら、こっちにぐらぐら。

とはいえ、他に椅子もなかったので、工夫とアイテムで勝負することにしました!

体の「ゆれ」はクッションに頼るべし

なんといっても、5ヶ月の体には、トリップトラップのベビーセットは大きくて、体がゆらゆら。

それを解決してくれたのが「背中のクッション」です。

トリップトラップに5ヶ月の子供を座らせる方法

バスタオルも試したけど、クッションがいちばんハマりました!

ベビーセットの背もたれが低いこともあり、クッションだと首の支えにもなってくれます。

私は、IKEAのミニクッションを使っていました。現在販売していないのですが、30×30cmのクッションを選べば、ちょうど背中にぴったりになります。

▼ちなみに、専用の背中を支えるクッションも売っています。余裕があったら欲しかったな〜と思うアイテム。

離乳食初期の神アイテム「トレイ」

背中にクッションを入れると、今度は前にグラリしてしまいました。

おっとっと・・・!

この悩みを解決してくれたのが「トレイ」!

見てください!この安定感!

両脇で腕を使って体を支えられるので、しっかり「お座り姿勢」が取れるようになりました。

低月齢から座らせるなら、ぜひ揃えておきたいアクセサリーです!

専用クッションは買っておいて損はない

自分では優先度は低いと思っていたのですが、トリップトラップの「板」って、直接座らせるには、ちょっと抵抗が…。

当初、薄めのクッションやタオルで代用していましたが、なんだか面倒くさくなってストッケの「クラシッククッション」を購入しました。

ちょっと贅沢かな…とも思ったのですが、これ、買って正解でした。

お尻が動かない!

こんな感じで、座面全体が覆われるから、お尻が滑って体勢が崩れることがなくなりました。

脇にもクッションのガードがある!

クッションで囲まれる感じになるので、安心感がUPしました!

クラシッククッションは、大きくなって使い続けられるので、一番使いたいこの時期に買って正解でした!

5ヶ月の時に注意していたこと

さすがに、小さいころなので、注意は怠らないようにしていました。

1.バランスはその日によって違うと心得る

背中にクッションを入れても、グラグラしてしまう日もあります。そんな時はおなか側にもタオルを入れてあげると落ち着きます。

赤ちゃんの成長は早い!毎日安定して座れるように、調整をしてあげました。

2.ちょっとと思わず目を離さないように

当然と言えばそうなのですが…なるべく子供から目を離さないようにしていました。

数ヶ月もすれば、みるみる安定してくるので、今だけは「ちょっとだけ」と思わず、安全を第一にしました。

3.長い間座らないようにした

赤ちゃんは、たくさんの力を使って座る姿勢を保っているそうです!

長時間のおすわりが発達に影響があるという研究もあるようなので、ハイチェアを使うのは、離乳食の間だけとして、終わったら下ろしてあげました。

まとめ:代用できるものは使っていこう!

5ヶ月からトリップトラップに座らせる方法をまとめてみましたが、いかがでしたか?

早くからハイチェアに座れると、親子で食卓を囲めたり、充実した時間も増えていきます。

はじめは、家にあるクッションやタオルを使ったりして、工夫しながらお座りさせてみてくださいね。

ぜひ、楽しい離乳食ライフをすすめてみてくださいね!

子どもの発育は個人差があるので、椅子へ座らせる場合は、それぞれの子供に合わせて行ってあげてくださいね。

こちらもオススメ
こちらもオススメ

-トリップトラップ
-,