トリップトラップ

トリップトラップはいつから使える?5ヶ月からベビーセットに座らせました

トリップトラップいつから?生後5ヶ月

赤ちゃんの離乳食のために、ストッケ の「トリップトラップ」を用意するご家庭も多いですよね。

ところで、椅子の説明書によると、使用開始のめやすは「生後6ヶ月」。

5ヶ月から離乳食を始めたいけど、どうしよう…。

こんな悩みをお持ちのご家庭も多いのでは。

コビト

私も悩みましたが、5ヶ月から座らせて離乳食しました!

そこで今回は、お座りを始めた時の「試行錯誤の結果」をまとめました。

子供につらい思いをさせた部分もあったので、これから使う方に参考になると嬉しいです。

【ベビーセット使用】5ヶ月からお座りしました

トリップトラップにベビーセットを装着し5ヶ月から座らせる

さっそく、ベビーセットを椅子に取り付けて、お座り開始です!

乳幼児期のお座りはベビーセットが必要です。詳しくはこちらを参考にしてください。

合わせて読みたい

いざ座らせると、あっちにぐらぐら、こっちにぐらぐら。腰座り後とはいえ、とてもゆっくり離乳食ができる感じではありません。

といっても、何回か経験するうち、子供がテーブルを掴んで、体を支えてくれるように(汗)

トリップトラップに5ヶ月からおすわり

「いやいや、これじゃダメだ!」と、大人も対策することにしました!

体のふらつきを「トレイ」で防止!

開始当初、いちばんの気がかりが、体のふらつきです。娘の場合、しょっちゅう前に倒れ込んでしまいました。

トリップトラップに5ヶ月からおすわりの様子
あれ?前に倒れてきた…
トリップトラップに5ヶ月からおすわりの様子
おっとっと…

そこで思い出したのが、椅子本体と同時購入していた「トレイ」

5ヶ月からのおすわりにトレイが便利

まだ早いかな?と出し惜しみしていましたが、使ってみるとなかなかの安定感!赤ちゃんが、自分の両脇で体を支えられるようになりました!

トレイを使えばお座りが安定

しっかり「お座り姿勢」が取れるようになって、食事も進みます。

トレイのおかげで食事も快適

座面のお尻すべりに「クラシッククッション」

もう1つの懸念が座面の「お尻すべり」。木の座面でお尻がずるずる動き、体が安定しません。

クラシッククッションを購入した経緯

タオルを敷いてみましたが、タオルごと動いてうまくいかず(泣)

クラシッククッションを購入した経緯、タオルを敷いてもダメだった

そこで、ちょっと高いな…と思いつつ、ストッケの「クラシッククッション」を買ってみました。

クラシッククッションを購入
コビト

これ、買って正解でした!

お尻がクッションのおかげで動かなくなって、お座りがより安定!クッションもしっかり座面に装着できてズレもなしです!

クラシッククッションのおかげでお尻ズレがなくなる

体の周囲がクッションで囲まれるのも、低月齢には安心感がありました!

手持ちのクッションで、隙間を補正

5ヶ月のころは、ベビーセットの枠に対して子供が小さかったので、背中にクッションを入れて隙間を埋めていました。

5ヶ月お座りにクッションを使用
コビト

7ヶ月頃まで使用。バスタオルも試しましたが、クッションがいちばんハマりました!

30×30cm程度のミニサイズのクッションが、トリップトラップにぴったり!首の支えや、抜け出し防止にもなりました。

クッションは首の支えにもなる

▼ちなみに、この時期専用のクッションも売っています。あれば助かるだろうなと思うアイテムですが、使う時期も短いので、ミニクッションで代用しました。

まとめ:5ヶ月からのお座りの乗り越え方

いかがでしたか?

私が、5ヶ月から座らせるために用意したものはこちらになります。

  • ストッケのトレイ
  • ストッケのクラシッククッション
  • ミニクッション(30×30cm)

トレイやクッションのことは、こちらの記事でも紹介しているので、良かったら参考にしていくださいね。

合わせて読みたい

目を離さないようにしたり、短時間ですませたりと、基本的なところは守りつつ、その日の赤ちゃんの調子と相談しながら、なんとか5ヶ月からお座りができました。

おかげで、早くから親子で食卓を囲めて、楽しい時間も増えていきました!

それぞれの赤ちゃんで様子を見ながらとは思いますが、良かったら参考にしてみてくださいね。

こちらもオススメ
こちらもオススメ

-トリップトラップ
-,