ベビーサークル

ベビーサークルを乗り越えようとする子供の【抜け出し対策】を公開!

みなさん、こんにちは。

ベビーサークルをお持ちのご家庭では、赤ちゃんがサークルをよじ登ったり、乗り越えようとしたりしていませんか?

ベビーサークル のよじ登り対策

本能のおもむくまま、壁を攻略しようとする赤ちゃん。

「ダメ」といっても、この頃の赤ちゃんって通じないですよね・・・。

今回は、そんな赤ちゃんに向けて、我が家のベビーサークルの乗り越え防止策をご紹介します。

ちなみに、我が家では、丈夫で使いやすい「カラズ」を使っています。

ベビーサークルの穴を使って脱出しようとする場合の「対策」

ベビーサークルのよじ登りの原因って、これです…

ベビーサークル のよじ登り対策。この穴が原因
なぜ!ここに穴が開いているの(泣)

「ああ、確かに分解するには必要だわ。」って、後から気がつきました。

それにしても、なんで子供にとって好都合なところに、穴が開いているのか…。

しょうがないので、対策しました。

ベビーサークルのよじ登り対策しました!

用意するのは、ハンドタオル。

ベビーサークル のよじ登り対策をタオルでしていきます

こちらを、1/3に折りたたみます。

ベビーサークル のよじ登り対策。ハンドタオルを用意します。

端から内に折りたたみます。

ベビーサークル のよじ登り対策。ハンドタオルを畳んでいきます

こんな感じ。これを・・・、

ベビーサークル のよじ登り対策。ハンドタオルを畳んでいきます

全力で、穴に押し込む!!!

ベビーサークル のよじ登り対策。ハンドタオルを押し込む!

どうだ、娘よ。埋まったぞ!

ベビーサークル のよじ登り対策。ハンドタオルを押し込む!できあがり

外側から見ても、そこまで悪くない。

ベビーサークル のよじ登り対策。ハンドタオルを押し込む!できあがり

完成図。こちらです!

ベビーサークル のよじ登り対策。そこまで目立たないです
これで、足をかけられない=登れなくなりました!

グレーのタオルだと、若干目立ちますね。逆に、白はほぼわからない感じに。

白いところは、タオルが足りなくて小さい頃の肌着を詰め込みました。どうせ使わないし、良い再利用方法が見つかりました(汗)

後日談:効果があったのは生後9ヶ月から1歳2ヶ月まで

このタオルシステム。約5ヶ月間お世話になりました。

1歳2ヶ月で、腕の力だけで余裕で乗り越えるようになったので、ようやく撤去されました。

わーい、ようやくスッキリ!

おすすめのカラズ白で統一

自力で脱出するようになった時の「対策」

さて、腕の力だけで、自力で脱出できるようになった後、我が家でどうしたかというと、、、

扉を、開放しました!

子供はベビーサークル の扉が大好き。開けたり閉めたり

扉を解放した当日、嬉しすぎて何往復もする娘。

この方法で、「よじ登り・乗り越え」が、ウソのようになくなりました。カラズには、セットで買わなくても扉パーツも売ってるんですよね。

「それじゃあ、意味ないよ〜!」という声が、聞こえてきそうですね(汗)

ですが、「ドア開け作戦」は、我が家では想像以上の威力を発揮しています!

どうしても中にいて欲しい時には、ドアを閉めてしまいますこんな時、以前だったら乗り越えようとしていたのに、なぜか中で大人しく遊んでくれるんですよね。

う〜ん、何事もしばるのはよくないのかなぁ…。

▼関連記事はこちらです。

机の角にコーナーガードを取り付ける(赤ちゃんのぶつかり対策)
赤ちゃんの頭をテーブルの角から守る方法(コーナーガードで保護します)

歩き始めた頃の「赤ちゃん」がいるご家庭の方へ。「テーブルに、ぶつかりそうで怖い」という悩みはありませんか? 我が家でも、テーブルの角は、子供にとって、超危険箇所になっています。 そこで、こんな感じに「 ...

続きを見る

ドア付きのベビーサークルならカラズがおすすめです
【年表】kobito家のセーフティ対策[日中編]

  この記事について この記事は、子供の成長に合わせてセーフティ対策をしていった履歴です。 現在も成長中なので、随時更新していきます。 赤ちゃんを育てていて、かなり気がかりだったのが、子供の ...

続きを見る

まとめ

というわけで、我が家のよじ登り対策は、こんな感じです。

  • 足を引っ掛けられる穴に、詰め物をする
  • それでも出られるようになったら、おとなしく外に出す

ちなみに、外に自由にでるようになっても、ベビーサークルは解体しないで、遊び場になっています。

こうすれば、積み木やおもちゃを散らかしても、片付けがラクラク

ただいま、1歳4ヶ月ですが、ベビーサークルには、まだまだお世話になりそうです!

-ベビーサークル