家電

デロンギオイルヒーターが寒い夜の赤ちゃんに最適!【電気代も公開】

赤ちゃんの夜間暖房に最適なデロンギオイルヒーター

冬の寝室って、けっこう寒いものですよね。

夜寝ていると・・・、

  • 赤ちゃん、寒くないかな…。
  • 風邪ひかないかな…。

と、心配になってくることはありませんか?

とはいえ、エアコンや温風ヒーターで室温をあげると、音や風が気になってしまいます。

この解決策として、オイルヒーターを夜間暖房に使ってみたたところ、

この快適さは、想像を超えていました!

赤ちゃんとの生活には、もはや離せなくなったオイルヒーター。
今回は、実際にかかった電気代を含め、オイルヒーターの魅力をすみずみまでレビューしていきます!

夜間つけっぱなしで「電気代」は?(実際にかかった費用)

購入にあたって一番ネックになるのが「電気代」いくら?ということ。オイルヒーターは電気代が高いイメージがありますよね。

ところが、実際に使ってみると、電気代は思ったよりかかりませんでした

我が家でどのくらい電気代が増えたかオイルヒーター購入前と購入後の電気代を比較してみます。

ECO運転しているので、通常よりは安くなっているかもしれないです。

デロンギ オイルヒーター電気代
ピンク部分=オイルヒーターを使用した時間帯
暖房なし15〜17℃の部屋を、設定温度22℃で温めています

他の電気機器を使用していない時間帯の使用量から、より正確な電気代を計算してみます。

かかった電気代

  • 1時間あたり 148W×0.027=4.0円
  • 1日あたり   4.0円×12時間=48.0円
  • 1ヶ月あたり 44円×30日=1,440円

※1日あたり12時間使用するとした場合です。

心配していたほどでは、ありませんでした!

このくらいであれば、冬期間中、ずっとつかっていても、それほどダメージはなさそう。

今では、必要なだけ、思いっきり使っています!

オイルヒーターが「夜間暖房」に最適な理由

そんなオイルヒーターは、赤ちゃんがいる家にとって、魅力的がいっぱい!

  • 付けっぱなしで寝ても、火事の危険がない
  • 赤ちゃんが触っても、やけどの心配がない
  • とにかく静か!音がしない
  • 風が出ないから、ホコリが舞わない
  • 温度・湿度が、ほぼ一定に保たれる

オイルヒーターはやけどの心配が少ない

我が家で購入したタイプは、表面温度が最高で70℃までしか上がらないタイプ。

そのうえ、熱い場所は、手が届きにくく作られています。

デロンギオイルヒーターで赤ちゃんが危険になる熱くなる箇所

手の届く外側は、自動販売機で買った缶コーヒーを触っている感じなので、もし赤ちゃんが触っても、安心感があります。

とにかく、めちゃくちゃ静か!

オイルヒーターって、音がゼロです!

それまで、エアコンの動作音で目を覚ますこともあったので、オイルヒーターにしてから、安心して寝かせられるようになりました!

温度・湿度コントロールがしやすい

使ってみるまで、オイルヒーターって室温コントロールが苦手かな?と思っていました。ところが!予想に反し、めちゃくちゃ上手!

こちらは、オイルヒーターを22℃に設定した時の、部屋の温度計。

オイルヒーターで湿度・温度を一定に保つ

かなり寄せてきています。温度差、±1℃くらいで保たれてる感じ。

そのうえ、温風とちがって、湿度も十分保つことができます。

赤ちゃんに大切な、温度・湿度管理が簡単にできるのが魅力です!

まだある!オイルヒーターが「子育て向き」な理由

授乳の時に体を冷やさない

授乳の時って肌を出すことになるので、結構寒いんですよね。授乳時以外にも、おむつ替え、ミルク作りなど、部屋が温まっているとママにも優しいです

夜中起きるの面倒だけど、あったかいから救われてます

良く眠れるようになった(親子ともども)

オイルヒーターを入れるようになってから、なんだか良く眠れるようになりました。

でも、これって赤ちゃんに取ってみてもそうかもしれないですね。

うちの場合、ちょうど冬の時期と夜泣き時期(4〜7ヶ月)が重なりましたが、ほとんど泣かずに過ごせました。

温度・湿度コントロールが良い効果を生んだ感じがしています!

オイルヒーターは、どれを選べば正解?

デロンギの代名詞とも言えるオイルヒーター。イタリアのブランドだし、見た目もスタイリッシュ。買うならここと決めていました。ただ、種類が多い!

そこで、私が購入する時気をつけたポイントをお伝えします。

押さえておきたいポイントは?

ぶつかっても安心なものを選ぶ

デロンギオイルヒーター安全対策

デロンギには、フィン(あったかくなるところ)の表面積が広がった「新L字型フラットフィン」タイプがあります。

これだと、ぶつかっても危なくないから安心。

痛くないし、やけどしにくい設計

ちなみに、昔からある一般的なのがコレ。とんがっていて危険な感じがします。

なるべく高温にならないものを選ぶ

オイルヒーターは子供は触ってしまう

赤ちゃんはどうしても興味を持って触ってしまうので、手に触れる部分が高温にならないタイプがいいですね。

最近では、最高温度60℃というのも出ています。うちのは70℃ですが、危険な熱さだな、と思ったことはありません。

我が家のタイプはこれ(気に入っています)

結果、購入したのはこちら。

グッドデザイン賞受賞の、シンプルなフォルムに引かれました。

買ってよかった!気に入っています!

スリムで小さいので、省スペースにも置けます。

デロンギオイルヒーターは夜間暖房に最適

コードは、こんな風にまとめることができるので、子供もひっかかりにくいです。

オイルヒーターのコードは丸めて収納可能

コンセントが心配であれば、山崎実業のコンセントカバーだとぴったりおさまりますよ。(リッチェルのカバーは入りませんでした。)

山崎実業のコンセントカバーがデロンギオイルヒーターにぴったり

オイルヒーターのデメリットもお伝えします

すぐには暖まらない

オイルヒーター特有の悩みですね。
その代わり、一度暖まれば、体の芯から温めてくれる感じに、快適になります。

我が家では、眠る30分〜1時間前につけているので、困ることはないです。使う時間がいつも同じなら、タイマーを付けてしまうのもいいです。

ちなみに、お値段が許せば、速攻性のあるタイプも売っていますよ。

重量がある

オイルヒーターなので、倒したらやばい重さです。

子供の力では倒せるようなものではないのですが、念のため、転倒だけは気を配っています。

まとめ:暖かさも安全性も申し分なし!

デロンギオイルヒーターはやけどの心配もない

いかがでしたか?

オイルヒーターを使って気がついたのですが、エアコンやストーブと違って、じわーと体があったかくなるんですよね。部屋も乾燥しないし、かなり快適です。

今は寝室だけだけど、リビングで1日中つけていたいなーという感じです。

とにかく、夜間の寒さに困っているなら、本当におすすめしたいです

オイルヒーターで、生活が変わりましたよー!

-家電
-